シャトーは中古より新品がお得 2017年度 リュットレゾネ・キュヴェ・ラ・バスティードの口コミ | ミネルヴォワ・ミネルヴォワの「在庫あり」ならコチラっ 2017年度

意外とチキン南蛮とかが合いそうな気がします。ただしここまで味わうにはそれだけの予備知識!さらに経験が必要だと申しておきましょう。オーガニックと言ってもよいくらいの自然派ワインらしいですが!とても美味しいです!なるべくオーガニックワインを飲みたいので!リピします。

こ、これですっ!

2017年06月25日 ランキング上位商品↑

シャトー ミネルヴォワ・ キュヴェ・ラ・バスティード リュットレゾネ・ ミネルヴォワシャトー・クープ・ローズ元詰・ミネルヴォワ・“キュヴェ・ラ・バスティード”[2015]年・自然派・リュットレゾネ・AOCミネルヴォワChateau Coupe Rose Minervois “Cuvee La Bastide”[2015] AOC Minervois 【AOC_L_P_2010】

詳しくはこちら b y 楽 天

安いですから、じゃんじゃん飲んでください。デイリーワインにぴったりです。フエルトのような舌触りのタンニンが高級感すら感じさせます。ホームパーティーする時にも気兼ねなく持って行けるし!自宅に招くときもこういう癖の少ないワインならみんなに喜ばれると思い3本購入しました。この何とも不思議な味わいは自然農法、コンポストを利用してる効果が大きいのでしょうか(伝統のあるワイナリーのようですが、いつから自然農法に取り組んでいるのかは書かれていないので不明)。「ソルティーさ」というのはあまり赤ワインでは用いられない表現ですが!実際!のどを通過してゆくとほんのり「塩辛い」のですね。コクはありますが濃すぎないので幅広い料理に合うと思います。大抵のお店のハウスワインって5〜600円ですよね!おいしいですか?。恐らく渋さのもとであるタンニンが空気と触れることによりこのような食感に変化するのでしょう。人間だったらこんなややこしいタイプ、遠慮したいとこですが、ワインなら大歓迎ですね。更に1000円弱から3000円弱程度のワインを楽天のワインショップ数件の評判を元に色々と買い込んでます。セージ!マージョラム!樹脂!タール!黒フランボワーズの強い芳香!古樹グルナッシュとカリニャンを主体とするワインは!華々しいスタイルだが!口当たりは非常にソフト!後味には舌鼓を打ちたくなるようなソルティーさと刺激的なハーブの爽やかさを感じさせる…-----------------------分析するとこんな風になるのかな〜。あくまで慎み深く時間をかけてじわじわと我々愛好家を説得してゆく種のワインなのですねえ〜。口に含むと果実味。甘さと酸味。ACミネルヴォワは!オード川沿いの丘陵にあり!古くからワインを生産してきた場所であり!この街道はカルカッソンヌを超えて!そのままボルドーへと続きます。我が家はお気に入りの定番ワイン数種類を常に何本かずつストック。リピートです。柔らかな口当たり、チェリーシロップの香り、南仏のハーブを思わせる味わいなんて素敵なんでしょう。むむ?ハーブ?薬草?スパイシー?香りが独特です。香りなし?渋い!慌てない、慌てない、これはポテンシャルのあるワインである証拠。。たとえばRacineのように非常にフルーティであり!その圧倒的な攻撃力で開栓した瞬間から愛好家を陥落させてしまう種のワインとは一線を画すわけです。合わせには白身のお肉がいいかな?トンカツとか。ラベルが綺麗なので!購入してみました。そんな魅力を持った1本でした。ラングドックでも特に飲みよい若のみタイプのワインの産地です。キャップシールとの色のバランスも。「口当たりソフト」、これが肝心、口の中をヴェルヴェットで覆うような、また非常にシルキーな、高級赤ワイン独特の滑らかさが出てきました。いい造り手ですね。だからラングドックはやめられないですね。南仏のワインによくある焼けた様な風味が無く、綺麗な果実味とミディアムボディの赤ワインで香りも穏やかでデイリー用にぴったりです。コスパが高いので人気が高いのも納得です。あんまり深く考えた事ないだろうけど、コスパ高いですか?もし自分が初めてのお店で、そのくらいの値段でこれをグラスワイン(ハウスワイン)としてだされたら、多分、また行きます。期待に背くことなく!おいしいワインでした。一口含んでみる!おお!これは複雑!なんと表現したらよいのだろう。。ワインは熱意と情熱があれば!いくらでも美味しさを引き出すことが出来ますよ。きた、きたぁぁあ〜。そろそろかな!グラスを高速で回転させてゆくとヴァイオレットのエステル臭が鼻を突いてきます。フレンチの定番料理や香りが想像できる定番チーズに合わせたら、ちょっと変ったこのワインの香りが良い刺激となって楽しいディナーになるんじゃないかと思います。今日は後者の中から「コレなんだっけ?」と買った記憶も曖昧なこのワインを開けて飲んでみました。そしてタンニンが素晴らしい。お勧めです。この値段で!この味わいはなかなか無い1品です-------------------------レビュー総数:24 件で平均4.54--------------------------この数字は滅多にないし!★!★★はひとつもありません。兼ねて気になっていたミネルヴォア。後口までリッチな味わいが楽しめます。千円でこんなワインが味わえる。安心して飲んでください。お味も、良かったですし、お値段もお安いし、また、リピしてみたいです。でも一口飲むとフレッシュさを感じ、そして余韻がこれまた複雑。さあ、いよいよ開栓…うっすら茶色の紫色。コスパは★いつつですね。とりのから揚げを食べながら一時間あまりグラス放置。暫くは、デイリーワインは決まりです。グルナッシュ由来のわりと肉厚なボディを感じるんですが、等量ブレンドされたカリニャンの酸味が爽やかさを加えて、とてもバランスのいいワインです。いやがうえにも期待は募ります。一本1,000円で飲めるなんて!なんて幸せなんでしょう。あ!でも人間と同じで!こういうクセがあるタイプが苦手な人も多いかもしれません。以前購入して大変おいしくいただいたので、リピートしました。体調が落ちていたり、重赤が続いたりしている時にはこの位の赤がいいですね。-----------------------チェリーリキュール!スミレの花!オレンジコンポートの香り。口当たりはほんのり甘くアフターでやや苦みを感じますがイヤな酸味はありません。きれいです。まだ飲んでないので星4つ。ただし「強い芳香」と言っても「湧き上がる」ような表面的な香りではなく!あくまで液体表層の上を浮遊するような!また覆い囲うような香りと形容する方が適当でしょう。。個性の強い香りがします。この値段にして複雑さを持ちつつ尚かつニューワールドっぽい明るさも兼ね備えたこのワイン!個人的には今年のコスパ大賞決定です。ちょっと香りと酸味が勝ち気味で、味の骨格がやや弱い、うすうま系ですが、つかみどころのないメルロー主体の最近のボルドーよりずっと良いように思います。いろいろな料理と相性が良さそうです。でも決して水っぽくないので飲み応えはあります。これこそ赤ワインのみがもつ醍醐味であり!この滑らかさがワインをランクづけるわけです。こんな味まで赤ワインでは可能なのか、これも驚愕のひとつですよ。これは安いでしょう。これは何と言おうと「感動」以外の何者でもない。1500円〜2000円程度にしては良くできたワインといったところかと推察して購入履歴を見たらビックリ。何度目のリピか忘れましたが、ヴィンテージが変わっても安定して美味しいです。